CryptoGT(クリプトジーティー)の特徴・メリット&デメリットを徹底解説!

投稿日:2018年10月14日 更新日:

CryptoGT(クリプトジーティー)の特徴・メリット&デメリットを徹底解説!

※2019/7 追記

CryptoGT 特徴

仮想通貨FXで最もレバレッジが高く、取扱ペアも多い高機能取引所➡『CryptoGT』

取引所リニューアルオープンから2ヶ月間、しっかり使ってみた!しっかり使ってからのメリット・デメリットを徹底解説していくよ!

 

◎まず初めに

このページを見ている方の中には仮想通貨FXをしたいけど、どの取引所を使えば良いか悩んでる人も少なく無いと思います。

有名な仮想通貨FXの取引所は多数ありますが、それぞれに特徴があり、トレードタイプによっても合う取引所があります。

私の場合は『Zaif』『bitflyer』『BitMEX』『GMOコイン』『CryptoGT』と使って来ました。

この中で現在でも使っているのは『BitMEX』『GMOコイン』『CryptoGT』です。

それぞれに特徴があるわけですが、Zaifやbitflyerをやめた時は大きなデメリットを感じて不信感から撤退しています。

証拠金を入れて、トレードするのにあたり不具合やデメリットを知らないと【せっかく慣れたのに取引所移動…】にもなりかねません…

しかも、慣れるまでには多少注文方法の戸惑いや不慣れなことから最初は不利な状況でトレードをすることもになるかもしれません。

ですので、メリットだけでなくデメリット理解してから使用することをおすすめしていますm(__)m

 

関連記事➡BitMEXについて

関連記事➡GMOコインについて

 

◎『CryptoGT』ってどんな取引所?

メリットとデメリットの前にCryptoGTの特徴について簡単に説明するよ。

 

■会社➡【Hatio Ltd】2018年6月~CryptoCMと言う仮想通貨FX専用の取引所としてオープン。

会社はキプロスにある為、海外の取引所となります。

8月にCryptoGTへ名称変更して大幅リニューアルして飛躍的に良い取引所となりました、

まだ新しい取引所ですが、日本人のトレーダーも運営に関わっており将来が楽しみな取引所です。

 

■レバレッジ➡最大200倍&追証なし(証拠金維持率100%)

レバレッジの高さはBitMEXの最大100倍を超えて200倍となっており、現行では最大のレバレッジを掛けられる取引所となっています。

※証拠金維持率100%な為、スプレッドの差し引きを計算しないとなりません。

CryptoGT 特徴 レバレッジ200

 

■トレードツール➡証券取引や為替FXで使用されているMT4よりもさらに新しいMT5を使うことが出来ます。

トレーディングアカウントを作成してMT5にログインしないとなりませんので、最初は多少面倒かも知れませんが仮想通貨FXをで最高峰のトレードツール【MT5】を使えるのはCryptoGTだけです。

CryptoGT 特徴 MT5

 

■証拠金➡7種類の通貨を証拠金として預け入れることが出来る。

7種類とは【BTC】【BCH】【ETH】【DASH】【LTC】【XMR】【XRP】になります。

※追記2019/7/4 現在では【ADA】も加わり、計8種の証拠金を使えるようになりました。

CryptoGT 特徴 証拠金

 

■取扱ペア➡証拠金に使用できる通貨+EOS・TRXを含め合計で41種類の取扱ペアがある。

※追記2019/7/4 現在では58種までペアが拡大しています。さらに為替相場・ナスダック総合指数や日経平均も対応しました。

 CryptoGT 特徴 取扱ペア

 

簡単にはこんなところでしょうか(´・ω・`)

取引所の特徴をお伝えした時点で凄い取引所なのはおわかり頂けたと思いますが、デメリットもあるので最後まで読んで頂きたいです。

 

 

 

 

◎メリット

まず、メリットから紹介していきます。

特徴を見たらそれがメリットに見えますが、その中でも特にメリットである部分や特徴では見えてこないメリットもご紹介します。

 

■MT5が使える

私が使用している1番の理由がこれです。

特徴のところにも書きましたが、証券取引や為替FXで使用されており、プロも御用達のチャートアプリです。

MT5は特にアプリに定評があり、チャートの見やすさやインディケーターの操作性が抜群です。

家でパソコンの画面を見ている時間はBitMEXのトレーディングビューも見やすく使いやすいですが、MT5はPC画面でもアプリでも最高の操作性だと思います。

CryptoGT 特徴 MT5

この、スマホアプリで見やすく使いやすいのが大きな利点で、外出先でも簡単に見やすいチャートの確認やトレードが出来ます。

その上、トレードツールとして最高峰のツールを使用することで今後のトレード生活にも役に立つこと必至です(`・ω・´)シャキーン

 

■取扱ペアの多さ

これも特徴にも書いてありますが圧倒的な多さの取扱ペアがあります。

CryptoGT 特徴 ペアロゴ

ETHやXRPを基軸にすることも出来るので、特別に強い時期の通貨と特別に弱い時期の通貨でトレードする事も出来ます。

又、コインチェック銘柄もペアになっているので馴染みのある通貨が多いのでは無いでしょうか?

今後も多数のペアを追加していく予定とのこと。

証拠金の種類も多いので、対象の通貨を持っている方は『新たにBTCを買ってから送金』などという手間が省けて『今のウォレットから送金するだけ』で証拠金の預け入れが可能です。

例)XRPを証拠金にXRPのレバレッジ取引でXRPを増やす!

 

※追記2019/7/4 為替FXやナスダック・日経平均もハイレバレッジで取引が可能になり、取扱ペアのメリットはとても大きく感じられます。

 

■アルトコインスプレッドの低さ

ビットコインはメインの扱いをされている取引所が多いので、どこでもスプレッドは低めですが、

CryptoGTではアルトコインも価格のおよそ1%程度と他の取引所と比べて低いスプレッドです。

【スプレッド比較表】※2way方式の取引所のみ

取引所BTC(10/12現在)70万程度XRP(10/12現在)47円程度ETH(10/12現在)22000円程度
GMOコイン1050円1.42円657円
DMM Bitcoin1900円2.2円1200円
CryptoGT※JPY建て650円
0.28円87円

※スプレッドがよく変動するので、マイナス要素もあるのですが、それはデメリットで解説します。

 

又、BitMEXはユーザー間取引所なので形態が違いますので今回は明記しておりません。

BitMEXでの取引コストはスプレッドではなく手数料です。

 

■取引所メンテナンス中もトレード可能

CryptoGTは取引所とトレードツールが別なので、取引所がメンテナンスに入っている間も問題なくトレードが可能です。

※CryptoGTから配信されたメールより

メンテナンス中もトレードが可能なのでBitMEXやbitflyerのように『メンテナンスに入る時に怖いからポジション解消』なんて事をする必要がありません。

 

■注文がスムーズ

この2ヶ月間使い続けて、1度も注文が通り辛かった事がありませんでした。

価格が大きく変動している最中の成行注文でもスムーズに約定されます。

私がZaif、bitflyerから撤退した理由の一つに『注文の通りにくさからストップ注文が通らずに大きな損失となった事がある』があります。

寝る前に仕込んで、安全のためにストップ注文を入れておいたのにも関わらず、約定されずにロスカットされていた時には『この取引所、もうダメだ』となった訳です。

CryptoGTではユーザーと取引所の取引であり、ユーザー間の板取引では無い為、注文が通らないことや大きなスリッページが発生することがありません。

 

■デモ取引が可能

CryptoGTではトレードをするMT5で使用するアカウントを別途作成する必要があります。

その際に『Demo』を選択することでデモ取引が可能です。

このデモ取引でMT5の操作に慣れる事、又はトレード初心者であればインディケーターの設置と試しトレードで腕を磨くことが出来ます。

 

■登録が早い

CryptoGTでは登録から使用開始までがとても早いです。

日本の取引所と違い、登録が海外の為に本人確認が必要ありません。

メールアドレスでサクッと2~3分で登録して、持っている通貨で対応のものを送信して、即取引が可能です。

 

■日本語サポート

日本の取引所よりも日本語サポートが充実していますΣ(゚∀゚

何度か問い合わせをしてやり取りをしたのですが、チャットから問い合わせると深夜でも返信までに1分以内でした…

日本の取引所でも問い合わせから回答までに時間が掛かることが多いですが、チャットを利用すると特に早く問い合わせに対して回答があります。

 

◎デメリット

デメリットは、簡単にはデメリットと言うよりも使用上の注意点みたいな事が多いです…

なぜなら、CryptoGTはデメリットを克服する事を続けてここまで来た経緯があるので、大きなデメリットは無くなっていっているのです。

過去のデメリットは『2段階認証が無い』『スプレッドが広い』『スワップが高すぎる』でしたが、これらは解決しております。

 

■変動するスプレッド

メリットのほうで載せた比較表を見ると、圧倒的にスプレッドが低くて良く見えます。

ですが、値動きが激しい時にはスプレッドが急に広くなる事があります。

通常のスプレッドが低い状況でもあるので致し方ないことではありますが、トレード中に変わるのでビックリします(´・ω・`)…

 

■スワップ手数料

スワップ手数料とはレバレッジ手数料みたいなもので、ポジションを翌日に持ち越す時に発生する手数料になります。※AM6時をまたぐ時が対象

 

※追記2019/7/4 現在、仮想通貨FXではスワップタイムが変更となり、3:00/7:00/11:00/15:00/19:00/23:00と少額づつ小分けにスワップ手数料が発生します。

 

少し前はこれが非常に高額で、持ち越さないでポジションを解消する事も視野に入れながらトレードする必要がありました。

現在では軽減されましたが、毎週水曜日にはスワップ手数料が3倍にもなるので、ポジションを長期保有する事が難しいと言えます。

※仮想通貨取引では水曜日のスワップ3倍は無くなりました。

 

確かにレバレッジ取引で安い時に入ったポジションを年末の暴騰すると言われている時期まで持たれたら取引所には大きな打撃になりそうですからね、仕方ないですが『中長期目線でのスイングトレード』は難しいと言えます。

 

■最小数量と最大数量

CryptoGTでは取引の最小数量と最大数量が決められています。

例えばXRP/JPYでは最小が1000XRPになります。

別けてエントリーすることで最大量はさらに上にすることが可能ではあります。

タイミングを見て大きく動きたい時に何度も発注をしなければならないのはデメリットと言えるでしょう。

 

■ストップレベル

ストップレベルとはストップ注文やテイクプロフィットを入れることの出来る幅の事。

例えば50.00円でXRPのポジションを持った場合に49.31円~50.69円の間のストップ注文やテイクプロフィットを設定できないのです。

そして、これには不思議な通貨ペアがあります。

BCH/JPYではストップレベルが133829となっており、BCHは小数点なしなので…1BCH50000円だった場合に183829以下のストップ注文を入れることが出来ないのです。※実質ストップ注文やテイクプロフィットを入れられない。

これに関しては運営に問い合わせもしてお願いしたのですが、『ストップレベルの緩和にに関して前向きに検討します』で終わらされて…結局直っていないままです。きっと私の伝えた意味を理解していない…_| ̄|○

 

■MT5の初期設定が面倒

登録から取引開始までに少し手間が掛かります。

BitMEXのような取引所内に取引板やチャートがある取引所では登録完了後、証拠金の入金後すぐにチャートを触ってトレードが可能です。

CryptoGTでは『取引所への登録』➡『トレーディングアカウントの作成』➡『証拠金の入金』➡『MT5のダウンロード&インストール』or『MT5アプリのダウンロード・設定』➡『証拠金の移動』➡『トレード開始』となります。

大きなメリットでもあるMT5ですが、MT5を使用できる利点のマイナス面として『最初が面倒』だと言うこと、『初心者が最初にスタートしにくい』事が挙げられます…

 

◎まとめ

いかがでしたでしょうか?

2ヶ月間しっかり使ってのメリットとデメリット…

圧倒的にメリットの方が大きく見えますが、トレードに重要なポイントは自分のスタイルと合っているのか?だと思っています。

スプレッドが狭くても『スキャルピングトレード』がメインの方は2way方式の取引所は不向きでしょうし、『寝ポジを持ちながらストップ注文を掛ける人』はユーザー間取引の取引所ではスリッページや注文エラーが怖いです。『レバレッジが高いのを求める方』は圧倒的にCryptoGTですが、『超大口』でしたら最大量の違いからユーザー間取引の取引所が良いと言えるでしょう。

CryptoGTは『デイトレード』『スイングトレード』に向いています。

又、外出先でチャートを確認しながらトレードしたい場合もMT5のアプリがとても優秀なので合っていると言えます。

取扱ペアの好みからCryptoGTしか選択肢が無い場合もあります。

今後、CryptoGTを使用していく上で、大きなボラティリティーが発生して急にスプレッドが広くなった時に『やってらんね~!』って思うこともあるでしょうし、取引所が混雑して注文が通りにくくなることもあるかもしれません。

そういったデメリットも理解することで事前対策も打てて、末永く利用することが出来ると考えています。

 

 

スポンサーリンク

ブログ管理人:もんたのツイッター

人気記事シリーズ!アルトコインFXに最適『CryptoGT』

1

仮想通貨FX おすすめ 取引所➡CryptoGTについて 仮想通貨FX おすすめ取引所【CryptoGT】特徴と登録方法   CryptoGTって言う凄い仮想通貨FXの取引所が ...

2

仮想通貨FX おすすめアプリ MT5で外出先でも高機能チャートを見てトレードしよう!【CryptoGT】 仮想通貨FXで、ついにプロ仕様チャートのMT5が使えるようになりました!!! この高機能チャー ...

3

CryptoGT 注文方法 MT5アプリの注文方法を徹底解説! CryptoGT MT5アプリでの注文方法を徹底解説! プロ仕様のトレードプラットフォーム『MT5』仮想通貨FXではCryptoGTが初 ...

4

CryptoGT 手数料を徹底解析!! 2019年7月4日最新追記 仮想通貨FXの取引所として2018年6月に『CryptoCM』として誕生し、 2018年8月6日にMT5を採用し、名称変更も兼ねて大 ...

-CryptoGT, 仮想通貨FX
-, , , ,

Copyright© CryptoDog~もんたの仮想通貨BLOG~ , 2019 All Rights Reserved.