仮想通貨FX MACDを徹底解説!! 取引所CryptoGTでMT5アプリを活用せよ!!

投稿日:2018年8月23日 更新日:

仮想通貨FX MACD を徹底解説!! 取引所CryptoGTでMT5アプリを活用せよ!!

仮想通貨FX MACD

『仮想通貨FXでインディケーターを活用しようシリーズ!!』

CryptoGTという仮想通貨FX取引所がMT5を採用したことで

スマホアプリでも簡単にインディケーターを設置して活用できるようになりました。

 

今回は『MACD』ですが、仮想通貨FXで多く活用されているインディケーターについて書いていますので参照してみてください。

移動平均線(MA)

ボリンジャーバンド

一目均衡表

RSI

ストキャスティクス

 

CryptoGT MT5アプリ インディケーター『移動平均収束拡散法(MACD)』を設定しよう。

今回紹介するのはMACDだよ
良く見るインディケーターだよね!たしかマックディー!
そうそう、取引所チャートでは最初から表示されてる事が多いけど、MT5では自分で設置するんだよ!

 

 

◎移動平均収束拡散法(MACD)について

■移動平均収束拡散法(MACD)とは?

インディケーターではMACDと表記されており、マックディーと呼ばれています。

MACDとはチャートにおけるレート変動で『短期と長期の移動平均線が、どれだけ離れているかを、曲線で表したもの』です。

算出方法は短期EMA-長期EMAになります。

EMAとは移動平均線の一種で、直近のデータに反応しやすい移動平均線です。

短期-長期なので、長期より短期の方が価格が高ければプラス圏に、逆に長期より短期の方が価格が低ければマイナス圏に推移します。

 

・MT5でのMACD表示について

MT5ではMACDの表示が…通常のものとは違う(T_T)

通常のMACDは線で表示されており、棒グラフはヒストグラムというMACDとシグナルの差なのですが…

MT5ではMACDがヒストグラム(棒グラフ)になっており、差を示すヒストグラムは無いのです…

※これが慣れるまで使いにくい(´・ω・`)…

 

これがMT5アプリのMACDです。

MACDの線は無いので、分かりやすくするために書きました。

※少しは見やすくする設定が出来るので、それは設置の方で書きます

 

また、下記図の中に赤い点線がありますが、これはMACDを移動平均線にした『MACDシグナル』と呼ばれる線です。

この2つの線を使って分析するのがMACDインディケーターの使い方になります。

 

◎MT5アプリでMACDを設置しよう

■移動平均線(MACD)の設置

『チャート』➡『f』➡『メインウィンドウ』➡『MACD』と進みます。

インディケーターウィンドウ1を選択してしまうと、したのRSIが表示されている所に一緒に表示されてしまうので、メインウィンドウを選択しよう。

そうするとインディケーターウィンドウ2が出来て、そこにMACDが表示されます。

 

■移動平均線(MACD)の設定

MACDの設定で多く使われる設定が始めから表示されるようになっています。

【短期EMA=12】【長期EMA=26】【MACD,SMA=9】

つまり、設定したい数字がない場合は、基本的にこのままで大丈夫と言うことです。

 

しかし、通常のMACDと表示が違うので…見やすく改良する事をおすすめします。

▼初期のまま設置した画面

赤いシグナル線も見にくいので、見やすいように調整してみます。

■スタイル

メイン 『灰色』『サイズ1px』➡『濃い緑』『サイズ4px』

シグナル『赤』『サイズ1px』➡『赤』『サイズ4px』

※MT5のアプリには背景やチャートの色設定がありますが、今回は触っていないので、黒背景です。

 

背景が黒なので、黒にも見える色で緑にし、緑に対して見やすい赤をシグナルにしました。

う~ん、クリスマス(´・ω・`)

線のピクセルを4にしたことで太い線で表示されて見やすくなります。

 

元々スマホで小さい表示なので、見やすく改良するだけでもトレードの成績は変わってきそう!

 

■MACDによるテクニカル分析

《トレンド指標?オシレーター指標?》

インディケーターの画面ではオシレーター指標の場所に配置されてますが、

MACDはトレンド系分析に優秀なツールです。

オシレーター系指標(逆張り)としての分析も出来ますが、他の分析と併せて見ることをおすすめします。

 

■買いシグナル

・MACDがマイナス圏からプラス圏に抜く

・マイナス圏でMACDがシグナルを下から上に抜く

※これは『ゴールデンクロス』ですから、今は下降トレンドでも上昇トレンドに移行すると推測出来ます。

 

■売りシグナル

・MACDがプラス圏からマイナス圏に抜く

・プラス圏でMACDがシグナルを上から下に抜く

※これは『デッドクロス』ですから、今は上昇トレンドでも下降トレンドに移行すると推測出来ます。

▼MT5アプリ MACDのクロスはヒストグラムとシグナルのクロスです。

赤丸の所ではっきりクロスしています。

※重なるポイントではなく、上から下、下から上のクロスが目印です。

その後、トレンドは下降トレンドに移行して、チャート上でもデッドクロスとなり、大きな下落をしています。

 

今回は最も代表的なテクニカル分析を紹介してみました!
でも、全然この通り行かないこともあるよ?
MACDのテクニカル分析は調光が出るのが早いからダマシも多くあると言われてるよ、他の指標も見ながら慎重に見よう!

 

◎まとめ

MT5アプリ初期設定、インディケーターのMACDについて書いてみました。

MACDは優秀な指標で、多くの仮想通貨FXトレーダーが使っています。

MT5のMACDはちょっと使いにくいですが…使わないのはもったいない指標です。

工夫と慣れでちゃんと使えるので、頑張って使いましょう!

 

まだまだインディケーターシリーズは更新していきます!

 

▼合わせて読みたいGryptoGT

仮想通貨FX おすすめ取引所 レバレッジ200倍 MT5採用 CryptoGTの特徴と登録方法

仮想通貨FX おすすめ 取引所➡CryptoGTについて 仮想通貨FX おすすめ取引所【CryptoGT】特徴と登録方法   CryptoGTって言う凄い仮想通貨FXの取引所が ...

続きを見る

▼合わせて読みたいGryptoGT

仮想通貨FX おすすめアプリ MT5で外出先でも高機能チャートを見てトレードしよう!【CryptoGT】

仮想通貨FX おすすめアプリ MT5で外出先でも高機能チャートを見てトレードしよう!【CryptoGT】 仮想通貨FXで、ついにプロ仕様チャートのMT5が使えるようになりました!!! この高機能チャー ...

続きを見る

▼合わせて読みたいGryptoGT

CryptoGT 注文方法 MT5アプリの注文方法を徹底解説!

CryptoGT 注文方法 MT5アプリの注文方法を徹底解説! CryptoGT MT5アプリでの注文方法を徹底解説! プロ仕様のトレードプラットフォーム『MT5』仮想通貨FXではCryptoGTが初 ...

続きを見る

▼合わせて読みたいGryptoGT

CryptoGT 手数料 (最新2019/7/4更新) 徹底解説!スプレッド・スワップ・注意事項も!

CryptoGT 手数料を徹底解析!! 2019年7月4日最新追記 仮想通貨FXの取引所として2018年6月に『CryptoCM』として誕生し、 2018年8月6日にMT5を採用し、名称変更も兼ねて大 ...

続きを見る

スポンサーリンク

ブログ管理人:もんたのツイッター

人気記事シリーズ!アルトコインFXに最適『CryptoGT』

1

仮想通貨FX おすすめ 取引所➡CryptoGTについて 仮想通貨FX おすすめ取引所【CryptoGT】特徴と登録方法   CryptoGTって言う凄い仮想通貨FXの取引所が ...

2

仮想通貨FX おすすめアプリ MT5で外出先でも高機能チャートを見てトレードしよう!【CryptoGT】 仮想通貨FXで、ついにプロ仕様チャートのMT5が使えるようになりました!!! この高機能チャー ...

3

CryptoGT 注文方法 MT5アプリの注文方法を徹底解説! CryptoGT MT5アプリでの注文方法を徹底解説! プロ仕様のトレードプラットフォーム『MT5』仮想通貨FXではCryptoGTが初 ...

4

CryptoGT 手数料を徹底解析!! 2019年7月4日最新追記 仮想通貨FXの取引所として2018年6月に『CryptoCM』として誕生し、 2018年8月6日にMT5を採用し、名称変更も兼ねて大 ...

-CryptoGT, MT5, インディケーター, 仮想通貨FX
-, ,

Copyright© CryptoDog~もんたの仮想通貨BLOG~ , 2019 All Rights Reserved.