仮想通貨FX 移動平均線 (MA) を徹底解説!! 取引所CryptoGTでMT5アプリを活用せよ!!

投稿日:2018年8月22日 更新日:

仮想通貨FX 移動平均線 (MA) を徹底解説!! 取引所CryptoGTでMT5アプリを活用せよ!!

仮想通貨FX 移動平均線

『仮想通貨FXでインディケーターを活用しようシリーズ!!』

CryptoGTという仮想通貨FX取引所がMT5を採用したことで

スマホアプリでも簡単にインディケーターを設置して活用できるようになりました。

 

今回は『移動平均線(MA)』ですが、仮想通貨FXで多く活用されているインディケーターについて書いていますので参照してみてください。

MACD

ボリンジャーバンド

一目均衡表

RSI

ストキャスティクス

 

CryptoGT MT5アプリ インディケーター『移動平均線(MA)』を設定しよう。

今回紹介するのは基本中の基本、移動平均線だよ
スマホアプリってあまりインディゲーターの使い勝手よくないんじゃない?
MT5アプリならインディケーターの使い勝手がいいから大丈夫!

 

 

◎移動平均線(MA)について

■移動平均線(MA)とは?

インディケーターではMoving Averageと表記されています。

頭文字を取ってMA (移動平均線)と呼ばれることが多いです。

移動平均線にはいくつかの種類がありますが、どれも過去のレートの平均値をチャートに表示するものです。

◆MT5で表示できるMAは4種類
・単純移動平均(SMA)
・指数移動平均(EMA)
・平滑移動平均(SMMA)
・線形加重移動平均(LWMA)

※主に使われているのはSMAとEMAになります。

◇単純移動平均(SMA)
Sはシンプル(Simple)のS
このSMAが最もスタンダードなタイプです。
過去の一定期間における終値の平均値から算出されています。
※私はSMAを使っています。

◇指数移動平均(EMA)
Eはエクスポネンシャル(Exponential)のE
EMAはSMAをベースとして、より直近の値動きに反応するのが特徴です。
過去の値動きよりも直近の値動きを重視する方が良いという考えがEMAになります。
※海外ではEMAを活用する人が多いらしいです。

◇平滑移動平均(SMMA)
EMAを改良した移動平均線です。
EMAと同様に、 前回値と今回値をもとに計算されます。

◇線形加重移動平均(LWMA)
個々のデータに異なる重みづけをして計算される移動平均です。
直前の値を最も高く評価し、あとは線形に重みづけを減らしていく計算方法です。

どれを使うのが良いのかな?
どれでもいいんだよ!自分が使いやすいと思ったやつでOKさ!

どれを使うにしろ、自分がトレードしやすい、勝ちやすいように使いこなすことが重要なのです。

※私がSMAを使うのは、多くの人がSMAを使っているので、同じ指標を見ることで『モニターの向こう側のトレード相手が何を考えるか?』を読み取る判断材料にもなりやすいと思ったからです。

 

◎MT5アプリでMAを設置しよう

■移動平均線(MA)の設置

今回はSMAで期間を25日と75日で設定してみます。

『チャート』➡『f』➡『メインウィンドウ』➡『Moving Average』と進みます。

ここまで進んだら次に どんなMAを設置するのか?を設定する設定画面になります。

■移動平均線(MA)の設定

設定画面にて、主に触るのは【期間】【メゾッド】【スタイル】の3ヶ所で良いと思います。

シフトや適用先を見ても…正直使ったこと無い設定で…よくわからなかったです…m(__)m

今回は以下のようにしてみます。

■短期SMA

『期間』…25に変更

『メゾッド』…Simple

『スタイル』…黄、4ピクセル

■長期SMA

『期間』…75に変更

『メゾッド』…Simple

『スタイル』…青、4ピクセル

この2つで設置してみます。

※1つのインディケーターで2本の線は出せないので、2回設置することで2本になります。

 

線のピクセルを4にしたことで太い線で表示されて見やすくなります。

移動平均線の設定でもっと沢山の移動平均線を見かけますが、重要視しているラインを太く見やすくするとわかりやすくなっておすすめです。

 

■ゴールデンクロスとデッドクロス

参考までに、移動平均線を使った有名な指標を紹介します。

『移動平均線』は、ジョセフ・E・グランビルによって考案され、売買の法則であるグランビルの法則が編み出されました。

グランビルの法則で、もっと有名な移動平均線のシグナルで『ゴールデンクロス』と『デッドクロス』があります。

 

◇ゴールデンクロス

短期線が長期戦を上に抜いた所を『ゴールデンクロス』と言い、買いポイントの1つと見られています。

 

◇デッドクロス

短期線が長期戦を下に抜いた所を『ゴールデンクロス』と言い、売りポイントの1つと見られています。

短すぎる時間軸ではクロスしても特に変動しない事も多くあるので、

自分の設定したMAで『どの時間軸で多く見られるか?』を過去を逆上って自分なりのポイントを調べてみると良いです。

 

◎まとめ

MT5アプリ初期設定、インディケーターの移動平均線について書いてみました。

移動平均線はとても重要なインディケーターなので、適当にせずにしっかり設定して自分にあった見やすい状態を作りましょう。

とはいえ、アルトコインのFXではビットコインに左右されるので、

私はXRPのチャートを見る時に使うよりもBTCのチャートで見て、BTCが上がりそうならXRPも買いサイン、下がりそうならXRPも売りサインと見てます…

 

まだまだインディケーターシリーズは更新していきます!

 

▼合わせて読みたいGryptoGT

仮想通貨も為替も株もゴールドもハイレバレッジ取引!仮想通貨を証拠金にレバ200倍のCryptoGTとは?

仮想通貨も為替も株もゴールドもハイレバレッジ取引!仮想通貨を証拠金にレバ200倍のCryptoGTとは? 仮想通貨FX おすすめ取引所【CryptoGT】特徴と登録方法 (2019/9/13更新) & ...

続きを見る

▼合わせて読みたいGryptoGT

仮想通貨FX おすすめアプリ MT5で外出先でも高機能チャートを見てトレードしよう!【CryptoGT】

仮想通貨FX おすすめアプリ MT5で外出先でも高機能チャートを見てトレードしよう!【CryptoGT】 仮想通貨FXで、ついにプロ仕様チャートのMT5が使えるようになりました!!! この高機能チャー ...

続きを見る

▼合わせて読みたいGryptoGT

CryptoGT 注文方法 MT5アプリの注文方法を徹底解説!

CryptoGT 注文方法 MT5アプリの注文方法を徹底解説! CryptoGT MT5アプリでの注文方法を徹底解説! プロ仕様のトレードプラットフォーム『MT5』仮想通貨FXではCryptoGTが初 ...

続きを見る

▼合わせて読みたいGryptoGT

CryptoGT 手数料 (最新2019/7/4更新) 徹底解説!スプレッド・スワップ・注意事項も!

CryptoGT 手数料を徹底解析!! 2019年7月4日最新追記 仮想通貨FXの取引所として2018年6月に『CryptoCM』として誕生し、 2018年8月6日にMT5を採用し、名称変更も兼ねて大 ...

続きを見る

スポンサーリンク

ブログ管理人:もんたのツイッター

人気記事シリーズ!アルトコインFXに最適『CryptoGT』

1

仮想通貨も為替も株もゴールドもハイレバレッジ取引!仮想通貨を証拠金にレバ200倍のCryptoGTとは? 仮想通貨FX おすすめ取引所【CryptoGT】特徴と登録方法 (2019/9/13更新) & ...

2

仮想通貨FX おすすめアプリ MT5で外出先でも高機能チャートを見てトレードしよう!【CryptoGT】 仮想通貨FXで、ついにプロ仕様チャートのMT5が使えるようになりました!!! この高機能チャー ...

3

CryptoGT 注文方法 MT5アプリの注文方法を徹底解説! CryptoGT MT5アプリでの注文方法を徹底解説! プロ仕様のトレードプラットフォーム『MT5』仮想通貨FXではCryptoGTが初 ...

4

CryptoGT 手数料を徹底解析!! 2019年7月4日最新追記 仮想通貨FXの取引所として2018年6月に『CryptoCM』として誕生し、 2018年8月6日にMT5を採用し、名称変更も兼ねて大 ...

-CryptoGT, MT5, インディケーター, 仮想通貨FX
-, , , ,

Copyright© CryptoDog~もんたの仮想通貨BLOG~ , 2019 All Rights Reserved.