仮想通貨FX ボリンジャーバンドを徹底解説!! 取引所CryptoGTでMT5アプリを活用せよ!!

投稿日:2018年8月26日 更新日:

仮想通貨FX ボリンジャーバンド を徹底解説!! 取引所CryptoGTでMT5アプリを活用せよ!!

『仮想通貨FXでインディケーターを活用しようシリーズ!!』

CryptoGTという仮想通貨FX取引所がMT5を採用したことで

スマホアプリでも簡単にインディケーターを設置して活用できるようになりました。

 

今回は『ボリンジャーバンド』ですが、仮想通貨FXで多く活用されているインディケーターについて書いていますので参照してみてください。

移動平均線(MA)

MACD

一目均衡表

RSI

ストキャスティクス

 

CryptoGT MT5アプリ インディケーター『ボリンジャーバンド』を設定しよう。

今回紹介するのはボリンジャーバンドだよ!
人気のあるインディケーターだよね!
そうだね、特に為替FXやバイナリーオプションで使われている事が多いけど、仮想通貨でも人気だよ!

 

 

◎ボリンジャーバンドについて

■ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、米国のジョン・ボリンジャー氏が考案したテクニカル指標で、移動平均線とその標準偏差(バンド)をチャートに描いたものです。

±2σ(シグマ)のバンド内にレートが収まる確率は95.5%と言われてます。(※パーセンテージは為替やバイナリーオプションの場合だと思います…仮想通貨FXは値動きが激しいので、良く抜けます(´・ω・`)…)

【ボリンジャーバンド内に収まる確率】

■±1σ内=約68.3% ■±2σ内=約95.5% ■±2σ内=約99.73%

センターバンドは初期設定で基本的には移動平均線SMA20と同じになっているので、ボリンジャーバンドを使う場合にはセンターラインのSMA20を移動平均線代わりに見ることも多いです。

ボリンジャーバンドを使う理由としては【反転しやすい所が見やすい】【レートの動きの大きさがわかる】として使われています。

エントリーポイントとしては広がっている時以外で±2σのボリンジャーバンドをタッチしたら逆張り!という流れで使われる事が多いようですが…考案者は順張りに使っているようです。

 

◎MT5アプリでボリンジャーバンドを設置しよう

■ボリンジャーバンドの設置

『チャート』➡『f』➡『メインウィンドウ』➡『ボリンジャーバンド』と進みます。

インディケーターウィンドウ1を選択してしまうと、画面下部のRSIが表示されている所に、ローソク足も無くボリンジャーバンドが表示されてしまうので…メインウィンドウを選択しましょう。

そうするとチャート内にバンドが出来ます。

1回の設置で±σは1種類しか選択できませんので、±1σと±2σだけで良い場合は2つ設置しましょう。

 

■ボリンジャーバンドの設定

多くの取引所チャートやPC用のチャートではバンド内の色彩を変えて見やすくなりますが、

MT5アプリではバンド内の透化塗りつぶしは出来ないようです…ちょぴり残念。

 

▼設定画面は以下の通りです!相変わらず『シフト』『適用先』『レベル』の使い方は不明のまま(´・ω・`)…だれかおせーて。

 

▼初期のまま1σと2σを設置した画面はこちら…

見にくいので色や線の太さで見やすく改良すると良いです。

実際には±2σとセンターラインをメインで使う方が多いので、今回はそれに合わせて調整してみます。

■スタイル

±1σ ➡ そのまま

±2σ ➡ 色『明るい青』サイズ『4px』

±2σだけ見やすくしてみました。これで反転ポイントや移動平均線20SMAが見やすくなります。

※その他使用しているインディケーター(特に移動平均線)の色とも比較して設置することをおすすめします。

※MT5のアプリには背景やチャートの色設定がありますが、今回は触っていないので、黒背景です。

 

■ボリンジャーバンドよるテクニカル分析

■逆張りポイント

▼スクイーズ(バンドが狭くなって動きの少ない相場にある時)で±2σラインで逆張り
(センター反発も多いので、逆±2σまで待たずにセンターで精算がおすすめ)

)

スキャルピングで活用できますが、抜けてトレンド発生する事もあるので、ストップ注文は必須。

※抜けたストップ注文を多めに入れて順張りのポジション反転も可

 

▼上下どちらかの向きにバンドが流れている場合、流れと逆方向からローソク足がセンターバンドにタッチした時

流れが上の時に上から下にセンタータッチで買いポイント。

流れが下の時に下から上にセンタータッチで売りポイント

となります。

 

※このテクニカルはトレード手法が短期取引の『スキャルピング』になります。

CryptoGTのようなアルトコインFXやスプレッドの広いBTCFXでは『スイング』の取引手法がおすすめです(-_-;)…

 

■順張りポイント

・スクイーズから抜けたトレンド発生時

※急反転もあるのでストップ注文は必須!

 

ボリンジャーバンドでのテクニカルは特にストップ注文が必須なので要注意!
価格の収束が見えるから三角持ち合いの終点と同じような意味合いのポイントや広がりが見えるね!

 

◎まとめ

MT5アプリ初期設定、インディケーターのボリンジャーバンドについて書いてみました。

優秀で人気の指標ですが、売られすぎ買われすぎを見れる指標(RSIやストキャスティクス)と合わせて短期逆張りで使われることが多いので、

スプレッドの広いアルトコインのFXでは使い方は少し絞られてきそうです。

しか~し!三角持ち合いの終点のような物が見える指標としてとても有効です。

 

まだまだインディケーターシリーズは更新していきます!

 

▼合わせて読みたいGryptoGT

仮想通貨も為替も株もゴールドもハイレバレッジ取引!仮想通貨を証拠金にレバ200倍のCryptoGTとは?

仮想通貨も為替も株もゴールドもハイレバレッジ取引!仮想通貨を証拠金にレバ200倍のCryptoGTとは? 仮想通貨FX おすすめ取引所【CryptoGT】特徴と登録方法 (2019/9/13更新) & ...

続きを見る

▼合わせて読みたいGryptoGT

仮想通貨FX おすすめアプリ MT5で外出先でも高機能チャートを見てトレードしよう!【CryptoGT】

仮想通貨FX おすすめアプリ MT5で外出先でも高機能チャートを見てトレードしよう!【CryptoGT】 仮想通貨FXで、ついにプロ仕様チャートのMT5が使えるようになりました!!! この高機能チャー ...

続きを見る

▼合わせて読みたいGryptoGT

CryptoGT 注文方法 MT5アプリの注文方法を徹底解説!

CryptoGT 注文方法 MT5アプリの注文方法を徹底解説! CryptoGT MT5アプリでの注文方法を徹底解説! プロ仕様のトレードプラットフォーム『MT5』仮想通貨FXではCryptoGTが初 ...

続きを見る

▼合わせて読みたいGryptoGT

CryptoGT 手数料 (最新2019/7/4更新) 徹底解説!スプレッド・スワップ・注意事項も!

CryptoGT 手数料を徹底解析!! 2019年7月4日最新追記 仮想通貨FXの取引所として2018年6月に『CryptoCM』として誕生し、 2018年8月6日にMT5を採用し、名称変更も兼ねて大 ...

続きを見る

スポンサーリンク

ブログ管理人:もんたのツイッター

人気記事シリーズ!アルトコインFXに最適『CryptoGT』

1

仮想通貨も為替も株もゴールドもハイレバレッジ取引!仮想通貨を証拠金にレバ200倍のCryptoGTとは? 仮想通貨FX おすすめ取引所【CryptoGT】特徴と登録方法 (2019/9/13更新) & ...

2

仮想通貨FX おすすめアプリ MT5で外出先でも高機能チャートを見てトレードしよう!【CryptoGT】 仮想通貨FXで、ついにプロ仕様チャートのMT5が使えるようになりました!!! この高機能チャー ...

3

CryptoGT 注文方法 MT5アプリの注文方法を徹底解説! CryptoGT MT5アプリでの注文方法を徹底解説! プロ仕様のトレードプラットフォーム『MT5』仮想通貨FXではCryptoGTが初 ...

4

CryptoGT 手数料を徹底解析!! 2019年7月4日最新追記 仮想通貨FXの取引所として2018年6月に『CryptoCM』として誕生し、 2018年8月6日にMT5を採用し、名称変更も兼ねて大 ...

-CryptoGT, MT5, インディケーター, 仮想通貨FX
-, , ,

Copyright© CryptoDog~もんたの仮想通貨BLOG~ , 2019 All Rights Reserved.